アシナガバチが巣を作りやすい場所

アシナガバチをはじめ多くの虫たちは、3月以降の暖かい季節に活動が活発になります。人間の手が届かない木々や建物の軒下、高所や難所、ベランダの室外機や空き箱などがよく選ばれます。安全に餌を集めやすく、雨風を防げる場所を好むため、そうしたところに巣が作られやすくなっているのです。巣を見つけたら蜂退治を行なっている業者に巣の除去を依頼しましょう。早めにアシナガバチ駆除などを行なえば、蜂毒による被害を防げます。

蜂毒の被害を受けないように~アシナガバチの巣作りの流れ~

アシナガバチの巣作りの時期を知っておけば、蜂毒被害を受ける前にアシナガバチ駆除ができます。ここでは、巣作りの流れを紹介します。

巣作りから完成までの流れ

5月に巣作り開始

冬眠から目覚めた女王蜂は1匹で巣作りをはじめます。女王蜂は働き蜂を違い巣作りと子育てに専念するため、攻撃性は基本的にありません。数部屋を作り終えるとその部屋の中に卵を生みます。卵からかえった幼虫に餌を与えるために、自ら虫を狩って肉団子を作るのです。このときに蜂退治を行なえば、被害を最小限に抑えられるでしょう。

6月から7月になると働き蜂が登場

働き蜂が羽化しはじめるため、巣から出て活動する蜂の数が増えます。その働き蜂や新たな幼虫の数に合わせて巣が一気に大きくなっていくため、注意が必要です。巣を本格的に守りはじめるので、遭遇した際や巣に近付いたときは攻撃されかねません。十分注意しましょう。

早期発見してアシナガバチ駆除を行なえば、襲われるリスクを抑えられます。早めに発見して、アシナガバチ駆除などを行なっている業者に蜂退治を依頼しましょう。蜂毒は危険性が高いので、作業が完了するまでの間は万が一を考え、応急処置アイテムを用意しておくと安心です。

TOPボタン